注文住宅で失敗したくないなら営業の提案力に注目

注文住宅で提案している営業の男性

ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合、家そのものの構造や標準設備などはそれぞれ異なっているため、こだわりがある場合は適応されているところにする必要があります。構造においてはどこのハウスメーカーもしっかりと基準に沿って作っているため差はありません。ですが、設備は取引をしているメーカーによって仕様が異なっているほか、同じメーカーの中においてもグレードがあるため、自分の好みと予算を考えて選ぶことが必要となります。

こういった設備についてはそれぞれのメーカーのホームページを見ることによって、詳しく知ることができます。ですが、寸法や仕様を見たとしても実際に手で触ったり目で見たりしているわけではないので、具体的に考えるのが難しく、良いと思って取り付けたものに対しても不満が残ってしまう場合があります。このようなことをなくすためにはハウスメーカーの営業のアドバイスが大切になり、専門家の視点で意見を述べてくれることが多いです。

営業はただ家を販売するのではなく、設備や構造についても知識があり、様々な視点でアドバイスをするのが仕事です。要望をしっかりと聞き取り、その要望にどの程度そえるのかを冷静に判断をしています。そのため詳しい営業に担当してもらうことが大切であり、専門的な知識と、積極的に提案をする提案力に優れている人とやり取りをすると失敗はありません。また、近年では大手のハウスメーカーの営業担当者でも建築士の資格やファイナンシャルプランナーの資格を有している人が多く、建物の構造のこと以外にもローンの組み立て方や試算なども提案してもらうことができます。さらに家を建てたいと考えている場所の情報も豊富に保有しているため、エリア情報も聞くことが可能です。

より営業担当者の提案力を引き出すには、自分たちはどのような家を建てたくて、どこの部分に重点を置きたいのか、どういったことを実現したいのかをきちんと伝えることが大切です。家を建てる場合こうしたいというしっかりとしたものがないと、いつまでも具体的に決まらずどんどん建築が遅れてしまう可能性が出てきてしまいます。このような設備をつけるにはどこに配置をしたほうが良いのか、など具体的に話をすることによって専門家の視点で意見を言ってもらえるため、スムーズに物事が進み、家作りが負担になることはありません。営業担当者から連絡があった場合は、わからない点について積極的に聞くと失敗も少なくなります。

関連記事
モデルハウス
モデルハウス見学で理想のマイホームを探す

家づくりを考えた場合、各種ハウスメーカーが展開しているモデルハウスを見学することが多いです。モデルハウスは個々に設置されていることもあります...

記事を読む

注文住宅
間取りデザインで選ぶ注文住宅のハウスメーカー

注文住宅は間取りの自由度が高く、大変人気があります。人気の高い間取りは、開放感がある、LDKの脇に和室のコーナーがある、対面式のキッチンでパ...

記事を読む

ブログ
理想のハウスメーカーをブログで見つけよう

大手以外にも地元密着型のハウスメーカーもあり、その種類は大変多くなります。ハウスメーカーはそれぞれ特徴があり、一坪あたりの価格や仕様も違うた...

記事を読む

断熱材
性能重視の家づくりをするなら断熱材にこだわろう

家を作る上でできるだけ予算に近づけたいと考えますが、妥協してはいけない部分に断熱性能があります。断熱性能は大変重要であり、断熱性に優れている...

記事を読む

建築費
ハウスメーカーの安さは坪単価だけで決めてはいけない

マイホームを建てる場合坪単価が気になり、より坪単価の低いところに注目が集まることが多いです。坪単価は一坪あたりの建築費を指しており、一般的に...

記事を読む