収納上手になる家の間取りってどんなの?

間取り

収納はスペースを多く設けていたとしても、いつの間にかいっぱいになってしまい、収納以外の部分にはみ出してしまうことがあります。収納においてはこまめに整理をすることが基本であり、いくら収納の数が多くてもこまめに整理をしない場合はすぐにものがあふれ出てしまいます。そのため収納上手になるには、必要なところに適度な収納スペースがある間取りが必要となります。

収納のスペースは衣類だけで考えた場合、一人あたり1帖は必要となります。そのため服だけでなくいろいろなものを収納すると考えた場合は2帖、つまり約1坪が必要です。ですが、家族で生活をする上では個人の荷物の他に共通で使用しているものや季節用品などがあるため、さらに多くのスペースを確保しなくてはなりません。

収納上手になるには、どこに収納をするのか、しまう予定の大きさと量はどの程度なのか、ということを考え、さらに家族が片づけをしやすいようにすることが大切です。基本的には一つの部屋に一つ以上の収納が適しており、リビングにおいてはデッドスペースを上手に使い掃除機などをすぐ使えるように工夫をします。
キッチンでは床下収納が設けられていることが多いです。床下収納は床下の点検をする際にも必要となる部分であるので、省くことはできません。そのためめったに使用しないものを入れるなどの工夫が必要となります。キッチンの背面には食器を入れるための背面収納を設けるほかに、パントリーをしっかりと確保しておくと、食品を保存しておく時に便利です。

洗面所も重要な部分であり、タオルや化粧品などを入れておくとすぐに使うことができます。洗濯機と洗濯物を干す場所、収納スペースを一直線に並べるとより家事を効率よく行うことができ、さらにハンガー収納ができる部分も作っておくとより家事が楽になります。
玄関横もまた約1帖ほどの土間を設けておくと、雨や雪で濡れたコートなどを一時的にかけておくことができますし、遊び道具もしまっておくことができます。

収納上手になるにはそのものが必要な場所に収納をすることが基本です。収納方法に関してはハウスメーカーに相談をすると間取りを工夫し、収納に向けてのスペースを空けてくれるほか、収納上手になるためのヒントをもらうこともできます。家作りをする場合は収納スペースの確保も意識をし、それぞれの部屋につくっておくと大変便利です。収納スペースを作る場合はすでに持っている大型のものはきちんと寸法をはかり、ある程度どこに収納をするかを考えておくと、収納ができないというリスクを軽減することができます。

関連記事
モデルハウス
モデルハウス見学で理想のマイホームを探す

家づくりを考えた場合、各種ハウスメーカーが展開しているモデルハウスを見学することが多いです。モデルハウスは個々に設置されていることもあります...

記事を読む

建築費
ハウスメーカーの安さは坪単価だけで決めてはいけない

マイホームを建てる場合坪単価が気になり、より坪単価の低いところに注目が集まることが多いです。坪単価は一坪あたりの建築費を指しており、一般的に...

記事を読む

断熱材
性能重視の家づくりをするなら断熱材にこだわろう

家を作る上でできるだけ予算に近づけたいと考えますが、妥協してはいけない部分に断熱性能があります。断熱性能は大変重要であり、断熱性に優れている...

記事を読む

マイホーム
家の購入は何歳まで?タイミングと価格について

家は大変多くの費用がかかり、長い期間住宅ローンを組んで支払っていくようになります。家を建てる場合の平均年齢は、平成29年度に行われた住宅市場...

記事を読む

マイホーム
ローコスト住宅でもマイホームの品質は低くない!

マイホームを建てる場合、様々な費用がかかるためできるだけ費用を抑えたいと感じることが多いです。このような場合に検討されるのがローコスト住宅に...

記事を読む