モデルハウス見学で理想のマイホームを探す

モデルハウス

家づくりを考えた場合、各種ハウスメーカーが展開しているモデルハウスを見学することが多いです。モデルハウスは個々に設置されていることもありますが、多くの場合住宅展示場の中にあり、それぞれのハウスメーカーの特徴や良さを一度に知ることができます。

モデルハウスを見学する場合、注目するポイントは部屋の間取りや配置、設備やデザイン、水回りや収納の多さ、窓の位置と形状となります。近年では生活動線がしやすい間取りが流行しており、どの程度の空間を設けることができるかが重要なポイントです。構造上、広いリビングにできない場合もあるため、どのくらいの広さまでとることができるのかを知っておかなくてはなりません。

設備はモデルハウスの場合、追加工事が必要となるものを置いていることがあるため、まず最初に標準設備なのかを確認し、標準であれば使い勝手を実際に確認していきます。設備においてはキッチンやトイレ、バスルームが主となりますが、バスルームは足がのばせるか、トイレは手入れがしやすいかなど性能部分も確認するようにしてください。意外と忘れやすいのが洗濯機を置くスペースであり、しっかりと設けないと実際に住んだ場合に動線の邪魔となってしまい、使い勝手が悪くなってしまいます。

窓もまた重要な部分であり、モデルハウスの場合は一般的にデザイン性を高めるために大きな窓がついていることが多いです。窓の位置や大きさは外観にも影響してくるので、どの程度のものがつけられるのか、高い位置に配置するのか通常のようにするのかなどもイメージしておくとのちに家つくりのヒントになります。

この他にはモデルハウスに行く場合は、家族全員で行くこと、見えない部分もしっかりと質問をすることが大切です。家族で行くと自分が見つけられなかった部分も指摘してもらうことができますし、営業担当者と1対1にならないため、ゆっくりと見ることができます。さらに基礎部分についてはしっかりと質問をすることが大切であり、見学だけではわからないことが多いです。性能や特徴はどのような部分なのかを聞いて不安点をなくしておくと良いです。

モデルハウスを見学する場合は、見学会などのイベントに参加すると気兼ねなくゆっくりと見ることができます。見学会やイベントでは通常よりも営業担当者がいることが多く、質問に対してもしっかりと答えてもらえますし、満足のいくまで見学することも可能です。他の家族がどの部分を重要視しているのかもわかるので、家づくりの参考にすることができます。

関連記事
注文住宅で提案している営業の男性
注文住宅で失敗したくないなら営業の提案力に注目

ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合、家そのものの構造や標準設備などはそれぞれ異なっているため、こだわりがある場合は適応されているところにす...

記事を読む

マイホーム
家の購入は何歳まで?タイミングと価格について

家は大変多くの費用がかかり、長い期間住宅ローンを組んで支払っていくようになります。家を建てる場合の平均年齢は、平成29年度に行われた住宅市場...

記事を読む

断熱材
性能重視の家づくりをするなら断熱材にこだわろう

家を作る上でできるだけ予算に近づけたいと考えますが、妥協してはいけない部分に断熱性能があります。断熱性能は大変重要であり、断熱性に優れている...

記事を読む

注文住宅
間取りデザインで選ぶ注文住宅のハウスメーカー

注文住宅は間取りの自由度が高く、大変人気があります。人気の高い間取りは、開放感がある、LDKの脇に和室のコーナーがある、対面式のキッチンでパ...

記事を読む

マイホーム
ローコスト住宅でもマイホームの品質は低くない!

マイホームを建てる場合、様々な費用がかかるためできるだけ費用を抑えたいと感じることが多いです。このような場合に検討されるのがローコスト住宅に...

記事を読む